ゲーム攻略研究所@9leap

http://9leap.net/ に投稿されているブラウザゲームの攻略ブログです。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

でゅエル!!【完全版】  by ribl_様 

 



ドイツフェンシング協会公認のカードゲーム、
「デュエル」「アンギャルド」が9leapにやってきた!


以下、-- 続きを読む -- をクリックで攻略記事。



ルール

ゲームの「説明」をクリックしても書いてありますが、
ここでも自分なりに説明したいと思います。



このゲームは、
相手と交互にカードを一枚ずつ出し、
移動・攻撃・防御を繰り返し、相手に一撃加えると勝ちになるゲームです。

カードには1~5の数値があり、
移動に使う場合は移動力、攻撃に使う場合は射程距離を表します。

攻撃にカードを使う際は、同じ数値のカードをまとめて使うことができます。
まとめて使う枚数が多いほど、防御されにくくなります。

相手に攻撃をされた場合は、
その射程距離のカードを使うことで防御ができます。
相手が使った枚数と同じ枚数を使わないと防御はできません。
ただし、プレイヤー側のみ、一枚使えば何枚でも完全防御ができます。

初期位置から前に進んだ分だけしか、後退はできません。
(表示されるのは相手との距離だけなので注意してください。)
手持ちのカードで移動も攻撃もできなくなった場合は、敗北になります。

デッキには全部で25枚あり、同じカードが5枚ずつあります。

プレイヤー側のみ、防御の代わりに後退を選ぶこともできます。
成功すれば攻撃が回避できますが、失敗することもあります。




その他細かいルール
・自分の体力は2で、連勝数を競う。
・手詰まりで死んだ場合、体力2でも即死する。
・バクステに失敗してダメージを受けた場合、カードは使うが位置はそのまま。
・初期位置・先攻後攻はランダム。



攻略


初手は大きい数値を使おう。
5や4のペアは崩していい。

手札の圧迫が一番怖いので、
5や4のペアは抱え込まないように。


1枚のみの攻撃で決まることは基本的にない。
「自分が二枚以上持っている距離に誘い込む」or
「相手のカードが少ないことを見切る」が決まり手になる。


体力が少ないサドンデスバトルなので、
自分のデッキ切れはほとんど心配しなくていい。
攻撃するときはカードは使えるだけ使う。

ライフは二つしかないのでとにかく安全策重視。
バクステはダメ絶対。



自分が相手の射程距離に入った場合、
移動と防御にカードを使った後、ようやくこちらの攻撃になる。
つまりとにかく先行有利なので、
よほどカードがそろってない限り、先行が取れるように意識しよう。


自分が先手が取れた場合、相手が移動にそのカードを使っているはずなので、
こっちがカードを持ってなくても(割と)安全。

自分が先手が取れた場合、相手が防御にそのカードを使っているはずなので、
一枚しかなくても(割と)安全。

しかし、相手が新しいカードをその場で引いてくること可能性もある。





6~8あたりの距離に立ち、相手が入ってきてくれるのを待つ戦法もいいが、
自分の後ろに余裕があるときでないとちょっと危険


相手を追い詰めて負かす戦法を取るときは、
相手が初手であまり前に進んでいないときで、
手札が51122とかで大きく前進できてなおかつ細かいカードがたくさんあるときだといい。




ちょっと練習問題。
image001_20130502184328.png

こんな困った状態のとき、何切る?
後ろに余裕はないものとする。



①2を切って4を引ける確率
②3を切って3を引ける確率
③5を切って1を引ける確率
デッキに同じカードは5枚しかないので、確率的には①か③が有利である。
5を切って防御を広く+距離稼ぎ するのが正解だと思う。



カウンティングについて


自分や相手がいままで使ったカードは、覚えていた方がもちろん強い
デッキまで全部覚えるのは大変だが、
相手が直前に何を使ったぐらいは意識できると有利。


しかし、ハイスコアを出すためにはメモってしまうと楽です…?

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/personal/se476396.html
↑常に画面最上部に表示してくれるメモ帳ソフト。これがおすすめ。


ちょっと卑怯な気もするけど、大丈夫。
カウンティングしてても結構難しいから!
麻雀の捨て牌みたいなもので、見えてて初めて推理ゲームになる。


image002.jpg

+:前進
-:後退
/:戦闘で使用
って感じに凡例を作って、相手の出したカードを記録しました。


前進することを意識していれば、自分のカードはあまり覚えなくてもいい。
ピンチかピンチじゃないかぐらいの判断で割と大丈夫。
相手の出したカードさえ記録してれば、手札の推理ができるようになる。




その他話題


相手の思考ルーチンは、
攻撃→前進→後退 の順番だと思う。



前進のときは、CPUは必ずしも一番大きい数値を使うわけではないようだ。
(初手で+1とか+2が結構見られる。)
ペアになってるのはとっておく傾向にあるのだと思う。
また、たぶん攻撃には一枚ずつしか使ってないのだと思う。



バグがある…
image003.jpg

攻撃後にこんな感じにフリーズすることがある。
FirefoxとOperaとクロームで確認。
結構高頻度なので、遭遇したら諦めよう。


なんか試合後にボタンが残ることもある。
負けるボタンを押すと死ぬので注意。



昔は勝ち抜き戦ではなく、
相手にも体力ゲージがあり、デッキの残り枚数がスコアになる仕様だった。
画面右上のドクロマークはその名残。








最後に、管理人の記念写真。
image004_20130502184427.png

超接戦!
負けたけど。







ボードゲームの「アンギャルド」をリメイクしたものが「デュエル」らしいです。
本家ではすごろくみたいに距離と位置がわかるセットを使用します。

スポンサーサイト

category: 攻略

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://kouryaku9l.blog.fc2.com/tb.php/3-47035534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。